​コロナ禍での渡航規制

【免責】弊社はこちらのサイトにてお客様向けにカナダへの渡航規制ルールや状況などを説明させていただきますが、

​必ず入国できると補償するものではありません。最終的な入国の判断は、入国審査官の委ねられますので予めご了承ください。

下記には、基本的なルールのみが記載されております。

​詳しいルールのご案内が必要な場合は、直接弊社にお問い合わせをお願いいたします。

 

​ワクチン完全接種者と未接種者の必要な手続きの違い

​【ワクチン完全接種者】

・渡航前のPCR検査 → 必要

ArriveCAN → 必要

​・到着時のPCR検査 → 必要

・14日間の自己隔離の事前手配 → 入国時に自己隔離が必要と言われなければ不要

・​8日目のPCR検査 → 自己隔離免除の場合は不要

​【ワクチン未接種者】

・渡航前のPCR検査 → 必要

ArriveCAN → 必要

​・到着時のPCR検査 → 必要

・14日間の自己隔離の事前手配 → 必要

・14日間自己隔離 → 必要

・​8日目のPCR検査 → 必要

 

​ワクチン完全接種者となる条件

​【ワクチン完全接種者】

① 入国14日以上前までに、完全にワクチン接種を行なっていること

② ワクチンは、ファイザー製・モデルナ製・アストラゼネガ製・J&J製のいずれかであること​

③英語もしくはフランス語で記載されている書面またはデジタルコピーがあること

④ArriveCANアプリで情報を提出すること

⑤無症状であること

⑥入国時に免除条件を満たしていないと判断された場合に備えて、適切な隔離を準備し、隔離計画を提出できること

⑦公共の場でのフェイスカバーの着用

​⑧入国後14日間は接種証明・陰性証明の控え・接触者の連絡先リストや行動予定、記録を保管しておくこと

参照:https://www.canada.ca/en/public-health/news/2021/06/backgrounder-phase-1-of-easing-border-measures-for-travellers-entering-canada.html#2

https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/awareness-resources/fully-vaccinated-travellers-covid-19.html

​各ビザ所持者の渡航規制

​※2021/8/16 現在の情報

​【学生ビザ】

・学生ビザの許可通知がある方

・通学予定の学校が、COVID-19対策計画の政府承認を得た学校であること

​上記のリストはこちらからご確認下さい(URL: https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-covid19/students.html

​もしくは有効な学生ビザ原本をお持ちの方(一度学生ビザで入国されていて、カナダへ戻られる方)

​【ワーホリビザ】

・雇用主のレターをお持ちの方

・ワーキングホリデービザ​許可証をお持ちの方

​もしくはワーキングホリデービザ原本をお持ちの方(一度ワーキングホリデービザで入国していて、カナダへ戻られる方)

​【観光ビザ】

UPDATE! 2021年9月7日〜 ワクチン完全接種者は観光ビザで入国できます。

 
 

​ビザが発行されるまでの日数

​【学生ビザ】

以下のサイトから、調べることが出来ますので是非ご利用ください。

​ちなみに2021/8/16現在、学生ビザが発行されるまでの日数は、9週間となります。

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/application/check-processing-times.html

 

 

キャプチャ.JPG
​【ワーホリビザ】

2020年度のカナダワーホリビザは既に締め切られております。

2021年度のビザも未だ発表されていない状況です。

発表は以下のサイトから行われますので、応募される方は随時チェックをお願いします。

​カナダ移民局:https://www.cic.gc.ca/english/work/iec/selections.asp?country=jp&cat=wh

 

 

​トロント市のロックダウン状況

【2021/8/16現在】現在は経済再開プランSTEP3です!

​▷▷▷STEP3のトロント市内でできること・できないこと

屋内の公共の場でのフェイスカバーと物理的な距離のルールは、STEP3全体を通して以前と変わりありません。

・(屋外)最大100人の集会とオーガナイズされたパブリックイベント(例外を除く)

・(屋内)最大25人の集会やオーガナイズされたパブリックイベント

・屋内の宗教的サービス、ウェディングや葬儀を含むセレモニー

・屋内飲食において、テーブルごとの人数制限無し、ソーシャルディスタンスやその他の制限は引き続き有効

・最大50%の容量を条件に、屋内スポーツおよびレクリエーションフィットネス施設をオープン。
(屋内観客)収容人数は、通常の座席数の50%または1,000人のいずれか少ない方
(屋外観客)収容人数は、通常の座席数の75%または15,000人のいずれか少ない方

・収容人数が50%または1,000人(いずれか少ない方)を超えないように制限された屋内ミーティングおよびイベントスペース(物理的な距離やその他の制限が引き続き有効)

・必須および非必須の小売店では、2メートルの物理的距離を維持できる人数容量での営業が可能

・フェイスカバーの取り外しを必要とするサービスを含むパーソナルケアサービスも同様に、収容人数は2メートルの物理的距離を維持できる人数に制限

・博物館、ギャラリー、史跡、水族館、動物園、ランドマーク、植物園、科学センター、カジノ/ビンゴホール、遊園地、見本市、地方の展示会、フェスティバル
(屋内)50%の収容人数
(屋外)75%の収容人数

・コンサート会場、映画館、劇場の運営が許可されている場所▼

(屋内)最大50%の収容人数、または着席イベントの最大収容人数1,000人(いずれか少ない方)
(屋外・着席しないイベント)最大75%の収容人数、最大5,000人の制限(いずれか少ない方)
(屋外・着席するイベント)最大75%の収容人数、最大15,000人の制限(いずれか少ない方)

・2メートルの物理的距離を維持できる人数に制限された容量の不動産オープンハウス

・ナイトクラブなど、ダンス施設が提供されている屋内の飲食店では、最大25%または最大250人の収容人数

【詳しくはこちらから】

 

 

​米国との国境

米国⇔カナダの国境は【2021/8/21】まで制限されています。

通常でしたら、ビザを切り替える方はナイアガラ(米国との国境)へ行ってビザを切り替えすると思うのですが、コロナ禍では、それをすることが出来ません​。

​国境へ行かないでも、ビザの延長や切り替えをする方法がありますので、一度ご相談をお願いいたします。

 

 

 

​フライト状況

2021年3月~4月末の状況【2021/2/22時点】

​日本発の運航曜日となります。

JAL(JL18便):火曜日、金曜日
ANA(NH116便):月曜日、水曜日、金曜日
エアカナダ:運休

 

​渡航の流れ

1. 留学カウンセリング

​  (お客様の希望をお伺いし、学校、ホームステイ、サポートのことなど全般を決める)

 

2. 留学費用お支払い

3. 学生ビザを申請

​4. 学生ビザ許可証発行されたら航空券購入

6. 弊社の方で、自己隔離計画書の記入など渡航に向けて準備する

7. お客様の方でArriveCAN/携帯電話契約/PCR検査予約などを進めていただく

8. 出発

※上記は簡単な流れとなっております。状況によっては順番が前後する場合がございますので、ご承知おきください​。

 

​ホテル予約

2021年8月9日より、指定ホテルでの三日間の自己隔離は廃止となりました。

 

​出国前のPCR検査予約

日本からカナダへ渡航される際、出国前72時間以内に発行された

【新型コロナウィルス陰性証明書】が必要となります。



各空港でPCR検査(自己負担)で行われており、予約が必要な場合があります。



最短2~3時間で陰性証明書を発行してくれますので当日でもOKですが、詳細はご自身でも要確認してください。



 



 成田空港



https://www.narita-airport.jp/jp/news/pcr_testing_center



 



羽田空港



https://www.haneda.toho-u.ac.jp/international/information/2020PCR.html



 



中部国際空港



https://www.centrair.jp/service/medical-clinic.html



 



関西国際空港



https://www.med.kindai.ac.jp/kanku/overseas_traveler_PCRinspection1224.pdf



 



 ※日本へ帰国される方も、出国前72時間以内に発行された陰性証明書が必要となります。



日本政府指定のフォーマットは、こちらの外務省のWebをご覧ください。



https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html