​!語学学校情報、順次更新中!
I will upload additional links to more schools in the near future.

​語学学校

留学を実り多いものにするためには、自分に合った学校を選ぶことです。最終的な出願校を選ぶポイントは、自分が何を一番期待するか、どんな点を重視したいのか、まずは自分のなかでそれぞれのポイントの中で優先順位をつけてみることです。自分の希望する内容がより多く組み入れられた学校が少しずつ絞り込まれてくるはずです。まずは、自分はなぜ語学留学をするのか、目的をはっきりさせておくことが一番たいせつです。

​オススメの語学学校

​※学校情報は随時更新中です。
​※各学校のロゴをクリックすると学校HPにジャンプします。

RCIIS

特徴

・講師の質がとても高く、実践重視のビジネス&スピーキング専門校

​・英語初級者から会話重視で学べる

・小規模でアットホームな学校

・真剣に英語を学んで帰国後の就職活動に役立てたい方は特にオススメ。

CLC

特徴

・小規模校かつ国際色豊かなので、クラスメイトや先生との距離が近い

​・授業料が大変リーズナブル

・会話重視でありながら、英語の4技能をバランスよく学べる

・費用対効果の高いトロントでは穴場の学校

Connect

特徴

・TOEICコース常設

​・比較的リーズナブルな学費

・タブレット端末等を利用して授業を行う

・比較的リーズナブルな学費

​・少人数制でアットホームな雰囲気

​access

特徴

・クラスが少人数制

​・南米やヨーロッパ系が多めで国際色豊か

・医療英語がある

・アクティビティが豊富(金曜日は全員参加のアクティビティ)

​・選択科目が多く、一人ひとりのニーズに合わせている

Global Village

 

特徴

・アジア人が比較的少なく、ヨーロッパ系多め

​・講師の勤続年数が長く、質もよい

・豊富なアクティビティ

・カリキュラムの質が高く、トロントでは人気校

​・楽しく、良い雰囲気の中で勉強したい人におすすめ

​CES

特徴

・ヨーロッパ系や南米系が多い

​・会話力を強化したい方にオススメ

・専門コースがバラエティ豊か

・放課後に無料チュータリングクラスがある

​・アクティビティコーディネーターがいるため、毎日楽しいアクティビティに参加することができる

​Tamwood

特徴

・週1回担任からパーソナルコーチングを受けられる

​・先生の質も高く、生徒と先生の距離が近い

・アクティビティが生徒会によって開催されるので参加率が高く、生徒同士も仲が良い

・英語の4技能をバランスよく学ぶカリキュラム

​・地下鉄駅直結のきれいな校舎

EC

特徴

・TOEIC講座がトロントで1番定評

​・講師は皆CELTA取得で質が高い

​・30歳からクラスが常設

・言語毎に25%の国籍制限

・中規模~大規模校

​・豊富なアクティビティ

t2 (2).gif

​Hansa

特徴

・夜間コースや時間ごとのコースがあるのでフレキシブルに通学でき、ワーホリの方に特におすすめ

​・とてもリーズナブルな学費

​・自分の好きな授業を自由に組み合わせられる

・アクティビティが豊富

Quest-Logo-Plain-Color.png

Quest

特徴

・学校独自のビルを持つ中規模校

​・会話重視のプログラム

​・南米やヨーロッパ系がが半数以上を占める

・担当講師より4週間に1度のフィードバック有り

・毎週木曜日4:00-6:00の間でカナディアンとの無料英会話クラブ開催

​・毎週金曜日に全校生徒と先生参加のパーティーを開催

ロゴ.gif

WTC

特徴

・会話集中コースが大人気の語学学校

​・アットホームな雰囲気でしっかりと学びたい方におすすめ

​・中級~上級者におすすめ

・月曜日~木曜日に放課後約1時間の無料英会話クラスを開催

・とにかくスピーキングを伸ばしたい方におすすめ

​・アクティビティーも充実

ih-toronto.jpg

International House

特徴

・小規模校かつ日本人が少ないので今穴場の学校

​・アットホームな雰囲気でしっかりと学びたい方におすすめ

​・TOEICコースやプライベートレッスンもオススメ

・小規模校なので、生徒へのケアがとても行き届いている

​語学学校の選び方

​1.語学学校の規模と学生数はどうか

語学学校の規模は、学生数が数十人という小規模なものから数百人が学ぶ大規模なものまで様々です。大規模な学校では開講されるコースの種類やクラスのレベルも細かく分かれているところが多いので、多くの学生が学ぶ中、お互いに助け合ったり、いい意味で競い合ったりしながら学んでいくことができます。日本人の比率を気にする学生さんが多いですが、授業中は英語以外の使用を禁じられているので学校の規模とはあまり関係がないと考えてよろしいかと思います。日本人が多いクラスであってもお互いが尊重する気持ちとしっかりとした目的意識をもって学んでいれば、むしろ学ぶ上ではよい環境ができます。一方、小規模な学校では開講されるコースにやや制限があるものの、1クラスの平均人数が少なかったりすることもあり、教師と学生との身近なコミュニケーションや家庭的な温かさを感じることができます。

​2.授業数とレッスン内容をチェック

授業数やレッスン内容は学校や受講するコース内容によって様々ですが、週15時間から30時間くらいまでが一般的です。週15時間のコースでは毎日午前か午後に3時間のレッスンを受けることになり、週30時間コースでは1日6時間の受講となります。ワーキングホリデービザで行かれる方も、日中は働いて夜間コースに行くことも可能です。また通常語学学校では留学生のために現地での文化交流を目的とした各種のアクティビティー(課外活動)が用意されていることが多いため、どんなものが行われているのかも確認することも大事です。こちらは別途ご案内させていただきます。どのくらいの授業数とレッスン内容が自分に合っているかはそれぞれの目的や生活スタイルと関係してきます。こちらはカウンセリングをしてお客様の希望を取り、公平に語学学校のご案内をさせていただきます。

​3.宿題・規則・雰囲気(楽しく過ごせる、厳しくしっかり勉強)

まずは宿題ですが、こちらは全くない〜適度に毎日30分や1時間ほど出る学校から、平日や週末も多くの課題やレポートなどがある学校まで様々です。通常学校は14〜16時くらいには終わります。そのため宿題が少ないと放課後や休日は友達と遊んだり、観光を楽しんだりすることができます。また逆に宿題が多いと少々大変ですが、もちろん努力した分英語上達のスピードはアップします。

他にもEnglish Only Policy(母国語禁止)や遅刻に厳しく、遅刻すると教室に入れない学校や、English Only Policyを破ると、名前を張り出されたり、反省文を読まされたり、中には停学処分などの罰則がある学校もあります。

また宿題が少なめでルールの罰則がない学校は、生徒さんもにぎやかで伸び伸びしています。逆に宿題が多く規則も厳しい学校は、生徒さんも真面目で、学校全体も引き締まり勉強に集中できます。

それぞれの留学の目的にもよりますので、どちらが良いかは人それぞれです。ご希望がある方は、楽しく過ごせる学校、厳しく勉強できる学校など、大まかで構いませんのでお知らせください。

Maple Agency

神奈川県相模原市中央区清新2-2-11

​サンハイム市川201

愛知県豊橋市羽根井西町12-32

℡070-4092-2404

mapleagency.canada@gmail.com​